タイ進出支援、情報提供

Factory
「第3の波」とも言われるほど今タイへの進出が活発になっております。そこで当社はタイでの長年の経験と実績を生かし、以下のような、計画を立案しました。皆様のお役に立てることを願っております。関心のある方は是非コンタクトください。

概要

1. 人材紹介・派遣

当社はタイで最も大きな人材紹介・派遣会社です。タイ進出を決定された企業に対しまして、人材の紹介・派遣を行います。

人材のことでお悩みの方、まずご一報ください。 日本語も英語も話せないタイの人々、遭遇する一番の問題が言葉です。しかも限られた時間内に適切な人材を探すのは大変難しいです。

  • 1) 日本語のできる人材を派遣致します。
  • 2) 御社の希望にそえる人材を早急に派遣します。

2. タイへの進出のための情報提供

タイ進出に必要でかつ正確な情報はなかなか入手できません。
情報収集のために日本人の方はわざわざタイを訪問し多大な時間と労力とを費やしておりますが、その割には必要な情報が得られないのが実情です。
当社ではタイ進出に必要な政府の情報をまとめました。なぜ今タイなのかについての情報も満載しました。 タイへの進出を検討されている方へ以下のような情報を提供致します。

1.投資奨励委員会(BOI)

BOIに関する情報を提供します。タイではBOIがタイへの投資を奨励しており、タイ進出企業の方にとりましては重要な役割を果たします。BOIの認可を取得すると恩典が授与されます。何か理由がわからないけれどBOIの認可がおりないということを時々耳にしますが、 BOIの特徴を知らないとこのようになります。投資奨励委員会が奨励するに値する規模の場合、特典が付与されます。

1) 雇用促進
2) 技術移転能力
3) 外貨獲得能力を有する場合
1) 土地の所有ができる
2) 法人税、輸入関税の免除又は減税
3) 労働許可の取得、VISAの延期手続きが容易

地域 対象地域 恩典
機械輸入
関税減税
原料輸入
免除期間
法人税
免除期間
ISO取得義務
ゾーン1 6県 50% 1年 3年 2年
ゾーン2 12県 50% 1年 5年 2年
ゾーン3 58県 100% 5年 8年 2年

2.ゾーン性

工業団地のゾーン性に関する情報を提供します。タイの工業団地はゾーン性を敷いております。ゾーン性については長所と短所とがあります。その長所と短所を知ったうえで進出の場所を決定してください

ゾーン 工業団地
第1ゾーン バンコク バンチャン工業団地
ラカバン工業団地
ジェモポリス工業団地
サムットプラカン バンプー工業団地
バンプリー工業団地
サムットサコーン サムットサコーン工業団地
第2ゾーン アユタヤ ロジャナ工業団地
ハイテック工業団地
バンパイン工業団地
サハラッタナコン工業団地
サラブリ ノンケーン工業団地
SIL工業団地
チャチョンサオ ウエルグロー工業団地
ゲートウエイ工業団地
チョンブリ アマタナコーン工業団地
チョンブリ工業団地
シラチャ工業団地
レムチャバン工業団地
ピントン工業団地
第3ゾーン ラヨン イースタンシーボード工業団地
サイアムイースタン工業団地
サイアムセメント工業団地
イースタン工業団地
アマタシティ工業団地
マプタプット工業団地
GKランド工業団地
プラチンブリ 304工業団地
カビンブリ工業団地

3.会社設立

会社の設立にはタイ政府の認可が必要です、如何にして会社を設立するかについての情報を提供します。

4.工業団地

どこにどのような工業団地があり、どのような長所があって又どのような短所があるかについて情報を提供致します。
長所と短所を知らずに進出し、後悔している企業も時々見受けられます。

5.タイ進出日系企業

どのような日本の企業がタイへ進出しているか、どこの場所に進出しているかについての情報を提供致します。顧客を探す上で大変貴重な情報です。

6.技術者の質

技術者のレベルにより製造品質が大きく左右されます。技術者のレベル及び採用の容易性に関する情報を提供致します。

7.作業者の質

実際に製造品質を左右するのは作業者です。作業者のレベル及び採用の容易性に関する情報を提供致します。

8.賃金体系

最も気になるのが賃金です。管理職、技術者、事務員及び作業者につきまして賃金に関する情報を提供致します。

9.日本人の生活環境

日本人の生活環境、子供の教育、病院等につきまして情報を提供します。日本人はどの界隈に住んでいてどのような生活をしているか、何が出来て何が出来ないか、何が問題で何が問題でないかを説明します。

10.タイで入手できる材料

タイで入手できる材料、入手できない材料についての情報を提供します。タイで製品を安価に製造するためには部材をいかにして現地調達するかということが最も重要です。

11.タイの文化

タイの文化に関する情報を提供します。タイの文化は日本の文化と全く異なります。このために日本では発生しないようなさまざまな問題がタイでは発生しております。

12.タイ人のマネジメント

実際に仕事をするのはタイ人です。異なる常識をもつタイ人をいかにして活用するかについての情報を提供します。
タイ人の考え方や国民性を知った上で仕事をするとかなり上手に仕事ができるようになりますが、知らないで仕事をすると実に疲れます。

13.タイ進出のための検討事項

タイ進出で戸惑わないために予め検討しておく事項について情報を提供致します。

14.外国人事業法

【認可しない事業】農林水産業、鉱業、サービス業全般、小売業、卸売業、建設業、不動産業
【認可する事業 電気】機械、化学製品

3. タイ進出準備から工場立上げ

タイへの進出を検討されている企業、及びタイへの進出を決定されている企業に対して、タイ進出の準備から、政府の認可取得、会社設立、工場立上げ等の全てに関して、御社に代わって一切の業務を我々プロの集団が行います。政府の規制が悩ましいタイでは直球だけではな かなかうまくいかない面もあります。それなりのノーハウがないと簡単に進む政府の許認可も理由がわからないままにストップすることもあります。

1.工場立上げ計画

御社の工場立上げのための計画書を作成します。

2.投資奨励委員会(BOI)

BOI用の資料を作成し、BOIへ必要な資料を提出致します。BOIとの交渉も行い、BOIより認可を取得するまで責任を持ちます。

3.会社設立

会社設立に必要な書類を作成し、政府に提出、政府との交渉も行い、会社の設立まで確実に行います。

会社設立手続き手順

  1. 商号の予約(会社名)
  2. 基本定款の登録 登記資本株式数、会社の目的、発起人氏名、住所、職業、年齢、国籍、パスポート写
  3. 株式会社の登記 株主氏名、住所、職業、国籍取締役及び代表取締役指名会社住所

    初回資本金払込金額

    設立総会議事録

    会計監査員氏名

    登録番号

    年間報酬

4.工場設立場所

工場設立場所に関するアドバイスを行います。工場の場所をどこに決めるかはその後のビジネスを展開する上で非常に重要な要素となります。選択を間違うと後々尾を引きます。

5.建設業者の選定

建設業者の選定に関するアドバイスを行います。

6.工場建設

建設業者と交渉し、工場を建設致します。

7.設備輸入

タイ政府の輸入認可を取得し、日本から発送される設備の輸入を行い、工場に据付ます。政府への申請を間違うと思わぬ輸入関税が掛けられることがあります。

8.材料輸入

タイ政府の認可を取得し、材料を輸入し、工場へ届けます。

9.技術者採用

技術者の採用を行います。

10.作業者採用

作業者の採用を行います。

11.技術者教育計画

技術者のための教育計画を作成します。工場経営にとって教育は大変重要です。

12.作業者教育計画

作業者のための教育計画を作成します。

13.稼動

設備・部材の輸入、人の採用を行い製造を開始します。

14.現地調達

部品の現地調達に関するアドバイスを行い、コストダウンを実施します。海外製造で一番大事なのは部品を現地調達することによるコストダウンです。

15.会社設立フロー

通常会社は以下のようにして立上げます。

4. よくあるQ&A【労務・税制関係】

2009年後半より始まっているタイへの日系企業進出ラッシュ、現在もその勢いは止まることを知らず新規進出が続いています。弊社にも新規立ち上げの企業様から求人のお問い合わせをいただき、立ち上げのお手伝いをさせていただいております。
新規進出企業の皆さまから実際にいただいた人事・労務に関する質問の中から、
多数お問い合わせいただいたトピックを中心に取り上げ、
タイに進出されたばかり、また赴任されたばかりの皆さまのお役に立てればと思います。