日本語能力試験

Japanese competency test

日本語能力試験について(http://www.jlpt.jp


日本語能力試験は、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定する試験として、国際交流基金と日本国際教育支援協会が1984年から実施しています。
試験は年間2回、7月と12月実施され、タイにおいては日系企業で就職するために日本語能力をアピールする試験として、また雇用者側からは人材の日本語能力を見極めるために重要視されています。
2010年度より改定された新試験では評価レベルを1つ新設し、より正確に日本語能力の測定が可能となりました。

2010年度より改定された新試験において、雇用者側が知っておきたい重要な点は評価方法の改定です。
評価レベルが旧試験(2009年まで実施)の4段階(1級、2級、3級、4級)から5段階(N1、N2、N3、N4、N5)に改定されました。
新試験のレベルと旧試験の級の対応は次のようになります。

日本語能力試験 新旧試験の比較
(出典:日本語能力試験 新旧試験の比較

独立行政法人 国際交流基金   財団法人 日本国際教育支援協会

「N」は「Nihongo(日本語)」、「New(新しい)」を表します。 新試験の評価方法では、旧試験の2級と3級の間に「N3」という評価レベルが新設されます。旧試験では2級取得者と3級取得者の間での日本語能力差が大きいことが問題視されていましたが、新試験の評価方法では2級と3級の間の能力を測定することが可能になりました。
2級は取得できないが、3級は取得しており日本語が堪能で通訳として業務が行える人材、逆に本当に3級を持っているのかと疑いたくなるいような3級所持の人材もいるというのが現状でしたが、新試験では「N3」の評価レベルが新設され、より正確に日本語能力の評価がされます。

御社の日本語が話せる社員様のモチベーションを上げるため、また現在日本語を勉強中の方の実力測定、評価をするためにも新しい「日本語能力試験」を受験させてみてはいかがでしょうか。