アパート

Apartment
タイでの生活でまず想定しないといけないのは住む場所です。

家賃はどのくらい?

月収50,000バーツ程度の現地採用の方で、家賃は5,000バーツ~10,000バーツのアパートまたはスタジオタイプ(ワンルーム)のコンドミニアムに住んでいる方が多いようです。 物件自体は多数ありますが、日系の不動産会社では30,000バーツ以上の物件から扱っているため、自分の足で探すしかありません。

契約・入居

普通デポジットは家賃の2ヶ月分。入居時にこの2ヶ月分と家賃1ヶ月分の3ヶ月分を前払いします。4ヶ月~6ヶ月(アパートの賃貸契約により違います。)以上滞在すれば、デポジットは退出時に返してくれます。気になる物件は空き部屋があるかを聞き、部屋を見せてもらいましょう。

電気代、水道代、電話代

アパートによって請求のし方が違います。手数料等が加算されて安いアパートと高いアパート では2倍近く違う場合があります。雨季の洪水時の道路状況、暑季の日差しも考慮に入れることも重要です。

家具の用意

タイのローカルアパートにはキッチンがない物件も多いので、電気調理器を持ち込んでいる方も多いようです。このクラスのアパートに住んでいるタイ人の大半は共働きで食事の大半は外食又は、アパート内の食堂を利用しています。バスタブもありません。あるのはシャワーのみです。逆にコンドミニアムだと、ベッド・冷蔵後・洗濯機・ダイニングテーブルなどがある場合があり、引越しは日本よりも楽にできます。

おすすめの住居地区

バンコク路線図
バンコク市内だと、BTSはMRT駅周辺が何かと便利です。BTSトンロー駅 スクンビット通り沿いで日本食料理屋や日本食材の揃うスーパーなども多く便利なため、駐在員家族や現地採用まで日本人のもっとも多いエリアです。 BTSオンヌット駅 駅前にはローカルのナイトマーケットもあり、タイ人で賑わっています。大型スーパーも駅直結で買い物にも便利です。 MRTラマ9世駅 スティサン駅 ローカルアパートも多く、最近のコンドミニアムの建設ラッシュで駅近くにスタジオタイプのコンドミニアムも多く建っています。相場はBTS沿線より安いです。
参照リンク:http://www.sakura-bkk.com/trainmap.html