外資系石油会社にて11年間の勤続。研究、輸出入職の経験者。

2017.12.26

タイ人 : 男性 ( 42 歳)

備考

タマサート大学(国立Aランク)化学卒。 大学の成績GPA:2.51/4.00(中位レベル)。 タマサート大学大学院経済学卒。 2013年にHANKEL社を退職してから母親の看病を4年間していました。 ガンで治療を続けていたそうです。 2017年11月に他界。 外資系石油会社で11年間勤務。 約6年間化学職として研究室で勤務。 その後社内組織変更で輸出入部へ移動し4年間勤務。 最後の1年はQA部で勤務。 QAの仕事が自分のキャリアパスにあっていないと考え転職をする。 タマサート卒の人材。 優秀。 確りと分かり易く説明が出来る。 英語でのコミュニケーションもスムーズ。 自宅はパトンタニ。 実家がバンコクのヤンナワにある。 自宅のパトンタニから通えるところか、 バンコク市内での勤務を希望。 自家用車あり。

  • 最終学歴タマサート大学化学卒 タマサート大学大学院経済学
  • 語学英語:説明まで十分出来る
  • 希望職種輸出入・化学
  • 主な職歴外資系石油会社にて化学職として研究を6年間、輸出入を4年間経験。
  • 希望給与38,000
  • 希望勤務地パトンタニ・バンコク
  • 在住国タイ