インターンシップ

弊社社長 小田原弊社社長 小田原

パーソネルコンサルタントでは、海外で研修をしてみたいという学生のためにインターンシップ生の受け入れをおこなっています。これまで約20人の日本人インターンシップ生を受け入れてきました。弊社では約15人の日本人社員と約70人のタイ人社員が働いています。異文化の中で自分をさらに高めたいという方、ご連絡をお待ちしております!

1.インターンシップ内容
2.インターンシップ生の一日
3.身につく力、得られる経験
4.求める人物像
5.過去のインターンシップ生の声
6.インターンシップ概要
7.お問合せ

1.インターンシップ内容
【仕事内容】
〇オフィスでの業務が中心となります。
〇インターンシップ生が一から何かを提案していくという形ではなく、
ある程度決まった業務やプロジェクトを行っていただきます。

~インターンシップ開始後の主なスケジュール~

   【1,2週目】インターンシップ開始。まずはパーソネルコンサルタントとグループ会社のことを
知りましょう。
皆さんにしていただく業務やプロジェクトも発表されますので、計画的に準備を進めましょう。
同時に候補者の面接見学もします。4週目ごろには一人で面接をしていただきます。
*インターンシップの期間中は、社外活動(ロータリークラブやWAOJE定例会)の参加が必須と
なります。名刺交換やお礼メールの書き方など社会人としてのマナーも学びます。

【3,4週目】少しずつタイにも会社にも慣れてきたかと思います。
日本人社員と一緒に外回り営業に行きます。お客様から直接お話を聞くことが出来るチャンス
です。タイでのお仕事のことはもちろん、色々な質問をしてみましょう。
時期にもよりますが、タイの大学で開催されるジョブフェアにも参加します。
同年代のタイ人大学生と交流することが出来ます。

【5週目以降】1ヶ月が経ちました。もう心配ありませんね。
一人で候補者の面接をしていただきます。お客様へ提出する書類ですので、先輩社員に確認して
もらい仕上げましょう。
業務やプロジェクトが少し落ち着いたら、次は何か出来ることがあるか自分から聞いてみましょ
う。気づいたことや挑戦してみたいことがある場合は、積極的に提案しましょう。

~社外活動~

   【ロータリークラブ】毎週火曜日にロータリークラブに参加します。
ロータリークラブとは国際的な社会奉仕連合団体で、構成員の多くは起業家や経営者です。
毎回様々なテーマの講話を聞くことができます。
参考)http://suriwongrc.blogspot.com/

【WAOJE】毎月第3木曜日にあるタイで起業した日本人が集まる懇親会に参加します。
WAOJEとは海外を拠点に活躍する日本人起業家のネットワークです。
参考)https://waoje.net/db/bangkok/

2.インターンシップ生の一日
8:15 出社
8:25 朝礼 日本人社員と各々の予定を確認し合います。
9:00 社長とミーティング 大学紹介パンフレットを改訂するために必要事項を確認します。
10:00 大学紹介パンフレット修正作業 古い大学情報を更新し新しい情報を追加します。
11:00 タイ人候補者の面接
12:00 お昼休憩
13:00 大学紹介パンフレット修正作業
15:00 タイ人候補者の面接
17:00 帰宅メールとインターン日誌の記入
17:30 帰宅
※ 時期やプロジェクトによって異なります。

3.身につく力・得られる経験
〇社会人として必要とされる基本的なビジネスマナーを身につけることが出来る
〇自ら考え行動する力を身につけることが出来る
〇海外ならではの多言語多文化でのコミュニケーション能力を培うことが出来る
〇大企業からベンチャー企業まで業種を問わず多くの人に出会うことが出来る

4.求める人物像
〇人と話すことが好きな方
日系企業のお客様や候補者など、毎日多くの方とお話をする機会があります。
また、チームでの業務にコミュニケーションは必須です。
例え英語やタイ語が苦手でも、積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢が求められます。

〇海外(特にタイ)での仕事や生活に興味がある方
せっかくタイでインターンシップに参加するのですから、タイでしか出来ない経験をして帰ってく
ださい。
タイでの仕事や生活そしてタイの文化を積極的に知ろうとする姿勢が求められます。

〇自身で考えて行動することが出来る方
インターンシップ中は、弊社社員が隣でずっと指導出来るわけではありません。
自身で考えて行動することが求められます。

5.過去のインターンシップ生の声
〇もともと人材ビジネスに興味があり、アジア地域の国で最も日系企業が進出している国がタイだと聞いていたので、最も多くの企業と関われる機会が多いだろうと考えました。また、海外でビジネスを行う際に企業が直面している問題(特に異文化コミュニケーションの観点から)を実際に見たいと思いました。(同志社大学・男性)

〇人材の面でのグローバル化に興味があり、日系企業がどのように現地スタッフの育成を行うか、ルールや文化を定着させるための苦労や工夫などを知りたいと思いました。(大阪大学・女性)

〇就職活動前に実際に働くことでそのイメージをつかみ、自分に合った業種を見つけ、また実際に海外で働く能力が自分自身にあるのかを確かめようと思いました。様々な国の中でも、ヨーロッパは滞在経験があるため、アジアの発展途上国で異なる視点を得て現地の熱を感じたいと思い、パーソネルコンサルタントでのインターンを決意しました。(立命館アジア太平洋大学・男性)

〇自身の就職に対する価値観をしっかりと見つめ直すためインターンに参加しました。多くの企業と関わることができるパーソネルコンサルタントに魅力を感じました。将来新興国で働くことを念頭に、東南アジアの中心地であるタイ・バンコクに実際に身を置き、異文化の人と仕事を通じてコミュニケーションをとることで、自分自身の興味がどのようなものか確認しようと思いました。(京都大学・男性)

〇これから社会人として働くことを考えたとき、アジアの人々相手に商売をする機会が増えることは、火を見るより明らかです。アジアでインターンとはいえ実際に働いたことがあるということが、自らのキャリア、人生経験にとってかけがえの無いものになると思います。また、なにより自分が海外向きな人間か結論を出すためにインターンに参加しました。(大阪市立大学・男性)

〇将来の夢である「新興国の貧困の人たちのボトムアップ(生活水準の向上)」をかなえるためには、「具体的にどんな道(NPO、企業、日本、海外)」に進めばいいのか模索して具体的な道筋を決めたいと思いました。NGOでのインターンとビジネス系インターンの両方を経験してから自分の将来を決めようと考えました。このインターンの前にはフィリピン、マニラでNGOインターンでかなり経済的苦痛で苦しんでいる人たちの支援をしてきたので、そこでの思いが今の価値観にも繋がっています。多くの日系企業の海外進出の現場の1側面(人財面)に関わることができ、日本からタイに進出しようとしている企業の現場の一部、またその経営資源でも大切な「ヒト」に関われて本当に勉強になります。(名古屋市立大学・女性)

〇もともと人材ビジネスに興味があり、東南アジアをビジネス面で知ることが今後にとって重要かつ特にASEANの中心地であるタイは重要な役割を担うと考えました。パーソネルコンサルタントで多くの人と企業をみることができ、就活に役立てることができると思いました。また、自分自身のタイ語をブラッシュアップするためにもこの環境でのインターンを選びました。(明治大学・女性)

〇他国籍の方と働くことに興味がありました。異文化での経営体制などについて学んでみたいという思いと、今後の将来を考える上で新興国といわれる環境に長期的に身をおいてみたいと思ったためインターンに参加しました。(同志社女大学・女性)

〇「海外での現地採用や起業という働き方」、また「海外での日本人の繋がり」に興味がありました。実際にその場に身を置いて体験し、将来の選択肢に幅を持たせることがインターン参加の目的でした。WAOJEやロータリークラブの例会等を通して、様々な人とコミュニケーションをとることができたため、当初の目的はもちろん、会話それ自体に学びがあったと思います。社内でも、タイ人及び日本人求職者やタイ人スタッフ等、とにかく人と話す機会が多く、コミュニケーションの取り方は考えさせられました。また、初歩的なビジネスマナーはもちろん、タイという国についての知識、日系企業の動向等に関しても学びがあり更なる興味に繋がっています。(筑波大学・男性)

〇海外で働くことに興味があり、パーソネルコンサルタントでインターンシップを始めました。日系企業なので、タイで働きながらも、日本企業のビジネスマナーも身につくのではないかと思ったのも、理由の1つです。パーソネルは人材紹介会社ですので、タイにある日系企業とたくさんのつながりを持っています。昔から海外で働くことに憧れはあったものの、どんな業界に興味があるのか全く分からなかったので、たくさんの方と名刺交換ができ、その企業について知ることができたのは、とても貴重な経験になりました。インターンを始めるまでは、メールの打ち方や、訪問先での振る舞い方などのビジネスマナーをほとんど知りませんでしたが、少しずつ仕事にも慣れていき、今では社会に出る前に、社会人として知っておくべきマナーを学べて良かったと思っています。(近畿大学・女性)

6.概要

勤務場所 バンコク(タイ)
BTS「アソーク」駅またはMRT「スクンビット」駅直結インターチェンジビル内にある弊社オフィス
インターンシップ期間 最低2ヶ月~最長1年まで
勤務時間 月曜から金曜
午前8:30~午後5:30
※ 隔週土曜勤務(最初の2ヶ月は毎週土曜日出勤)
手当 20,000THB/月
※ 2ヶ月未満の場合は支給しません。
必要なスキル 日常会話レベルの英語(タイ語が話せるとなお良い)
必要最低限の社会人マナー
インターンから本採用の可能性 有り
その他 インターンシップ期間中は会社よりパソコンと携帯電話が支給されます。スーツ着用必須です。
滞在先は各自で準備してもらいますが、ご不明点等ございましたらお気軽にお問合せください。

7.お問合せ
〇パーソネルコンサルタント 藤岡まで
〇メール : fujioka@personnelconsultant.co.th
弊社でのインターンシップをご希望の方は、上記内容をご確認いただき
インターンシップ開始希望日の2ヶ月前までにご連絡ください。